藤川球児 登場曲「every little thing every precious thing」
甲子園球場で登板する際に流れるテーマソングはリンドバーグの
every little thing every precious thing」。

この曲が流れると凄まじい歓声共に甲子園スタンドの阪神ファンはメガホンを曲に合わせて左右に振り口ずさむのが恒例のシーンでテレビ放送でも投手交代のシーンは普段はほぼCMを挟むのが普通だが、藤川の場合は登場シーンも放送する事が多い。

藤川が同曲を使用しているのは、夫人と結婚する前からの思い入れの強い曲で苦しかった時、これまで自分を支えてくれてきた夫人への感謝を込めて選曲したそう。

ブルペンから出て行く時、曲が始まってから出るタイミングを決めており、特に「スタジアムに響き渡る歓声を吸い込んで、あなたはゆっくり立ち上がる」と言う歌詞の部分で一瞬に気を高めるという。
ちなみに、藤川とリンドバーグのヴォーカル渡瀬マキは、「HEROたちの音色」(よみうりテレビ/2007年4月)で対談を果たしている。藤川のこの曲に対する深い思い入れを知り、渡瀬は大感激していた。自身の使用していたグラブを渡瀬にプレゼントした。

2007.8.28対広島戦には渡瀬は観戦し藤川の登場シーンでは号泣していた。

2006年、藤川と同世代のソフトバンクの杉内俊哉も使用している。

同曲は2007年8月1日再発売されジャケットに藤川投手が採用されている。
初週3629枚を売り上げオリコン38位にランクインした
各地で売り切れ続出になった。(もちろん管理人も購入済みです)

まさしく「球児の歌」となり、今やこの曲は阪神ファン全員に思い入れの強い曲であり阪神必勝ソングとなっている、

top~
高確率で出会う秘訣!
出会い系メル友恋人探し